中1・中2対象「TOHOKUわくわくスクール」の様子です

2018.10.23

10月22日(月)6・7校時、「TOHOKUわくわくスクール」を中学1・2年生を対象に実施しました。

「TOHOKUわくわくスクール」とは、東北及び新潟地域の小学生・中学生・高校生を対象とした出前授業です。学問の面白さ・楽しさに触れつつ、地元の企業や大学等の活動内容に触れることで、地元の地域社会・産業の理解を深めると共に、将来の選択肢の参考とすることを目的としています。今回は株式会社セントラルスポーツの方を講師としてお招きし、「夢を叶えるために」というテーマで授業をしていただきました。

講師の先生は、2012年のロンドンオリンピックに、水泳競技の背泳ぎで出場した経験がおありで、その時の体験を紹介してくださいました。水泳競技が行われたロンドンのアクアティクス・センターの様子や選手村の様子など、貴重なお話を伺うことができました。ロンドンオリンピックの日本代表となるための選考に通るまでに、2度の落選を経験されているそうですが、それでも諦めなかったことで、夢を叶えることが出来たそうです。

夢を叶えるために大切なことは、妥協をしないこと、あきらめないこと、そして満足しないことだそうです。夢を持ったら、具体的な目標を設定し、最大限の努力をすることが必要です。また、生徒たちに、これからの人生で大切にしてほしいこととして、「当たり前のことを当たり前に行う」ということが挙げられていました。挨拶、感謝、練習、勉強、食事など、日常生活で当たり前のことをすることが重要であるとのことです。辛い事、苦しいことから逃げず、壁は自分で乗り越えることなど、生徒たちが勇気づけられるような内容のお話しでした。生徒たちにとって、目標を持って日々励むことの大切さや、夢を叶えるために必要な向上心の持ち方などについて考える良い機会となりました。