百人一首大会を開催しました

2019.02.01

1月30日(水)6・7校時、中学生は百人一首大会を行いました。この大会は、伝統文化に触れることを目的とし、30年以上続く行事です。国語の授業での小テストなどを通して、少しずつ暗記しています。

箏曲のBGMが流れる会場で、学年ごとに対戦し、腕を競いました。
また、今回は初の試みとして、2・3年生の中から上位3名ずつを代表とし、エキシビジョンマッチを行いました。朗詠の生徒が上の句の冒頭を読んだ瞬間に札を取ってしまうというハイレベルな対戦が繰り広げられました。代表の生徒が素早く札を取ると、観戦している生徒たちから歓声が上がり、会場は大いに盛り上がりました。