盛岡白百合学園中学高等学校 盛岡白百合学園中学高等学校

フィンランドへ留学中の生徒の紹介②

2018.01.26

②では12月に送られてきたメールをご紹介します。


「残り半年となりました。時間が過ぎるのがとても早く感じられます。充実した毎日で、日本から来た他の留学生たちと、帰りたくないねと話しています。 今月の終わりから1週間Lapland旅行に行ってまいります。フィンランド全土からAFS留学生の集まる旅行なので更に異文化体験ができることをとても楽しみにしています。
 今回はクリスマスのことを少しお話しさせてください。フィンランドのクリスマスといえばやはりサンタです!フィンランド語ではJoulupukki(ヨウルプッキ)と呼びます。フィンランドではクリスマスを24日にします。プレゼントを開けるのは夜です。プレゼントを運んでくれるtonttu (トンットゥ→英語ではエルフと訳されますが違います。三角帽子を被った小人さんです)は日が沈まないと来てくれません!そして子どもたちは、ロヴァニエミのサンタ村に住んでいるサンタさんに電話をすることができます!今度のLapland旅行で行くと思いますので、写真を来月送らせていただきます。 メリークリスマスはHyvää joulua!と言います!フィンランド語がたくさん理解でき、話せるようにもなってきました。残り半年で友だちとたくさんフィンランド語で話せるように頑張ります!」

 

送られてきたメールと写真から、Aさんのいきいきとした様子が伝わってきます!
留学期間も残り半年。英語、フィンランド語の習得だけではなく、多くの人と出会い、日本ではできないことを経験し、様々なことを吸収して帰ってきてほしいです。